アトピー体質と特徴

アトピーは体質で、遺伝的なものがあります。特徴としては、様々なアレルギーになりやすい体質で、皮膚のバリア機能が低下しているためアレルギーや感染症にかかりやすい人が多いことです。

アトピーは、生まれ持った体質であり、両親がともにアトピー体質である場合、子どもは体質を受け継ぐ可能性が高いといわれています。

兄弟が同じ体質である可能性も高く、遺伝的なものがあると考えられています。

アトピー体質の人の特徴としては、花粉症やハウスダスト、食物アレルギーなど様々なアレルギーになりやすい傾向があります。

人の皮膚はセラミドで保湿された状態で、皮脂膜により外界からの異物の侵入を阻止するバリア機能を持っていますが、アトピー体質の人の場合、セラミドが減少して皮膚が乾燥し、皮脂膜も壊れた状態です。

湿疹やかゆみが生じやすく、このためかきむしって、肌の状態はさらに悪化してしまいます。

そして、アレルギーの原因となるアレルゲンや感染症を引き起こすウイルスなどが侵入しやすい状態となり、アレルギーや感染症にかかってしまいます。

皮膚のバリア機能を正常にするためには、皮膚を清潔にし、十分な保湿と油分を補うことです。

保湿にはセラミドを配合したローションなどを用いるといいでしょう。

また、油分で水分が蒸発するのを防ぎます。

油分としては人の皮脂成分のスクワランやアミノ酸配合のものが良いでしょう。

すでに皮膚に湿疹やかゆみがある場合は、ステロイド軟膏を塗布することにより、皮膚を正常に戻すことが可能です。

アトピー体質の場合、乳幼児期に喘息を発症しやすく、また、成人になって発症する人もいます。

喘息の改善には有酸素運動を行うことが有効で、特にウォーキングなどがお勧めです。