アトピー改善には胃腸の調子を整えるのがカギ

アトピーで苦しんでいる人は多いですが、胃腸の調子を整えると改善傾向にあるといわれています。乳酸菌、ビフィズス菌、酵素などをとりいれて毒素を排出しやすくなると改善傾向に向かいます。

アトピーで長年苦しんでいる人は多いです。

それは乳児のころにはじまって大人になってもずっと続いている人も多いです。

アトピーの症状としては、ひじの内側やひざの裏などに痒みがでてかきむしってしまうことで、より炎症がひどくなることも多いですが、体全体に痒みがでて、かきむしってしまうことで、炎症がひどくなり、皮膚がただれるようになることもあります。

一般的な治療法としては皮膚科にいって、ステロイドのはいった軟膏を処方してもらったり、抗アレルギー剤の薬を飲むことが多いです。

ステロイドの軟膏を塗ると、一時的にはよくなったように思われますが、塗らなくなるとさらに悪化していつまでもストロイドから離脱できないということになります。

皮膚は黒ずんでしまうし、皮膚もどんどん薄くなってしまうのです。

ただあまりに症状が重いときは、そういう治療も必要ですが、それと同時にやったほうがいいのが、食事などを見直して胃腸の調子を整えるというやりかたです。

たとえば、和食中心のものにするとか、積極的にヨーグルトや乳酸菌をとるほかに、麹とか酵素をとるようにするのです。

これによって胃腸の動きがよくなるだけでなく、腸内環境もよくなります。

腸内環境がよくなることで、体の毒素が排出しやすくなるので、それだけでアトピーが劇的によくなる傾向にあるというのです。

アトピーを薬でなんとかしようとするのではなくて、自力の免疫力を高めていくことで、改善傾向にあるといわれています。