アトピー体質と特徴

アトピーは体質で、遺伝的なものがあります。特徴としては、様々なアレルギーになりやすい体質で、皮膚のバリア機能が低下しているためアレルギーや感染症にかかりやすい人が多いことです。

アトピーは、生まれ持った体質であり、両親がともにアトピー体質である場合、子どもは体質を受け継ぐ可能性が高いといわれています。

兄弟が同じ体質である可能性も高く、遺伝的なものがあると考えられています。

アトピー体質の人の特徴としては、花粉症やハウスダスト、食物アレルギーなど様々なアレルギーになりやすい傾向があります。

人の皮膚はセラミドで保湿された状態で、皮脂膜により外界からの異物の侵入を阻止するバリア機能を持っていますが、アトピー体質の人の場合、セラミドが減少して皮膚が乾燥し、皮脂膜も壊れた状態です。

湿疹やかゆみが生じやすく、このためかきむしって、肌の状態はさらに悪化してしまいます。

そして、アレルギーの原因となるアレルゲンや感染症を引き起こすウイルスなどが侵入しやすい状態となり、アレルギーや感染症にかかってしまいます。

皮膚のバリア機能を正常にするためには、皮膚を清潔にし、十分な保湿と油分を補うことです。

保湿にはセラミドを配合したローションなどを用いるといいでしょう。

また、油分で水分が蒸発するのを防ぎます。

油分としては人の皮脂成分のスクワランやアミノ酸配合のものが良いでしょう。

すでに皮膚に湿疹やかゆみがある場合は、ステロイド軟膏を塗布することにより、皮膚を正常に戻すことが可能です。

アトピー体質の場合、乳幼児期に喘息を発症しやすく、また、成人になって発症する人もいます。

喘息の改善には有酸素運動を行うことが有効で、特にウォーキングなどがお勧めです。

アトピー改善には胃腸の調子を整えるのがカギ

アトピーで苦しんでいる人は多いですが、胃腸の調子を整えると改善傾向にあるといわれています。乳酸菌、ビフィズス菌、酵素などをとりいれて毒素を排出しやすくなると改善傾向に向かいます。

アトピーで長年苦しんでいる人は多いです。

それは乳児のころにはじまって大人になってもずっと続いている人も多いです。

アトピーの症状としては、ひじの内側やひざの裏などに痒みがでてかきむしってしまうことで、より炎症がひどくなることも多いですが、体全体に痒みがでて、かきむしってしまうことで、炎症がひどくなり、皮膚がただれるようになることもあります。

一般的な治療法としては皮膚科にいって、ステロイドのはいった軟膏を処方してもらったり、抗アレルギー剤の薬を飲むことが多いです。

ステロイドの軟膏を塗ると、一時的にはよくなったように思われますが、塗らなくなるとさらに悪化していつまでもストロイドから離脱できないということになります。

皮膚は黒ずんでしまうし、皮膚もどんどん薄くなってしまうのです。

ただあまりに症状が重いときは、そういう治療も必要ですが、それと同時にやったほうがいいのが、食事などを見直して胃腸の調子を整えるというやりかたです。

たとえば、和食中心のものにするとか、積極的にヨーグルトや乳酸菌をとるほかに、麹とか酵素をとるようにするのです。

これによって胃腸の動きがよくなるだけでなく、腸内環境もよくなります。

腸内環境がよくなることで、体の毒素が排出しやすくなるので、それだけでアトピーが劇的によくなる傾向にあるというのです。

アトピーを薬でなんとかしようとするのではなくて、自力の免疫力を高めていくことで、改善傾向にあるといわれています。

赤ちゃんのアトピーを水素水で改善したい

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、生後半年ぐらいから症状が見られるお子様が増えてきます。水素水を飲ませてあげるようにしたり、痛みや痒みの強い部分に塗ってあげると良いでしょう。

赤ちゃんは、生後半年ぐらいでアトピー性皮膚炎の症状が見られるお子様が増えてきます。

アトピー性皮膚炎の原因は、埃やカビ、花粉などのアレルゲンや、体の免疫力が低下したり、ストレスなどが原因と言われています。

布団やカーペーット、ラグなどは、清潔に保つようにして、ペットを室内で飼育している場合は、部屋を別にしておく必要があります。

水素水は、水素が含まれた水のことで、ジュースとは違って添加物や糖分なども含まれていないので、安心してお子様に飲ませてあげることができます。

母乳で育てている人は、喉が渇いている時に水素水を飲ませてあげるようにしたり、母親の体内をきれいにして、良質な母乳を出すために、毎日水素水を飲むようにすると良いでしょう。

水素水には、悪玉活性酸素を水に変えて、体外へ排出する働きがあるので、根気よく続ける必要があります。

アルミパウチの商品は、水素が抜けにくい特殊な加工をして作られていますが、費用が掛かってしまうと感じている人は、水素水のサーバーを導入しておくと、赤ちゃんはもちろん、家族全員で飲めるので大変経済的です。

アトピー性皮膚炎を改善するためには、活性酸素の発生を抑える必要があるので、しばらくは続けてみると良いでしょう。

赤ちゃんにはステロイド剤などの強い薬は使用したくないという人がほとんどなので、痒みの強い部分に水素が含まれた水を塗ってあげると、アトピー性皮膚炎のお肌の炎症を抑える働きがあります。

水素水はアトピーにも効果あり!シャンプーにも使える!

摂取することで体内の活性酸素を除去して、健康上様々なメリットをもたらす水素水は、アトピーの症状緩和にも効果があると考えられています。また、シャンプーを流すのに使用しても効果的です。

水素を通常の水よりも多く含む水素水は、体内の活性酸素と反応して水に変えてくれるので、体の酸化を防ぎます。

その影響で、血液がサラサラになり、新陳代謝が活性化してダイエットにもつながります。

アンチエイジングにも効果の高い水素水ですが、アトピーで悩んでいる人にとっても効果が高いです。

アトピーには様々な原因が絡んでいますが、その1つに活性酸素が急激に増大することによって症状が悪化することが考えられています。

そのため、水素水を積極的に取り入れることで、アトピーの原因物質が除去されて、症状が緩和する可能性が高いです。

他にも、豊富な水素が体の内側から、アトピーの原因となる物質を消滅させる効果もあるといわれているので、その効果は絶大です。水素水のアトピーに対する効果は、肌に塗ることでも実感できるとされています。

特に、毎日のシャンプーに活用すれば、全身にその効果を与えることができます。

シャンプーと共に使用しても、水素が壊れることはありませんし、全身の毛穴から水素が吸収されるので、毎日水素を体内に取り入れることができます。

毎日飲むのは難しいという人でも、シャンプーと一緒に洗い流すだけなので、簡単に取り組めます。

しかし、飲む場合でも肌に直接塗る場合でも、1日2日では効果は出ないことがほとんどです。

数週間、数カ月間と継続的に活用することで、効果を実感できます。

また、1日に大量に飲んだり肌に塗ったりしても、そこまで大きな効果を得られるわけではないので、約300~500mlをコツコツ使用することが大切です。

アトピー症状の改善に睡眠は重要なポイント

アトピーの発症や悪化を防ぐ点で、毎晩十分な睡眠をとることは非常に重要なポイントです。肌の形成に関係しているホルモンの分泌を助けるため、しっかりと休む習慣を身につけましょう。

美肌作りに欠かせない肌のターンオーバーが活発に行なわれるのは、私たちが夜寝ている時間です。

質の良い十分な睡眠が肌に良いと言われるのはそのためです。

しかし、睡眠がもたらす効果は、美肌作りだけにあるのではありません。

実は、アトピーの改善にも重要なポイントとなっているのです。

私たちが寝ている間に、体内では幾つかのホルモンが分泌され、その機能が活性化されているものです。

このようなホルモンの分泌によって、体の大事な機能を回復させたり調整したりしているため、美容や健康にとって非常に大切な要素となっています。

睡眠中に分泌されているホルモンの中には、美肌の形成に欠かせない成長ホルモンや、皮膚の炎症を抑える作用のある副腎皮質ホルモンなどがあります。

仮に、睡眠が不足してしまっているとしたら、これら大事なホルモンが分泌されにくく、本来できるはずの正常な働きができなくなってしまうと言われています。

結果として、アトピーの症状を悪化させてしまうことにもなりかねないのです。

さらに、睡眠不足は免疫系の働きを乱してしまうと報告されています。

それは、内分泌系や自律神経系の働きがうまく機能できなくなるからもたらされる結果と言えるでしょう。

このような免疫系の働きが乱れると、アトピーを発症させたり、症状を悪化させたりしてしまいます。

そこで、アトピーに悩む方はもちろんのこと、アトピーでない方も新たに発症させないため、毎日しっかり休む習慣を身につけるよう心がけることが大切です。

アトピーを治すには体質改善が必要

辛いアトピーの症状を治すためには、薬などの一時的な治療では不十分でしょう。食べるものや住居環境を見直し、体質改善に励むことによって、根本的に問題を改善するようにしましょう。

一言でアトピー性皮膚炎と言っても、乳幼児のころから発症する人もいれば、大人になってから発症する人もいるものです。

特に、大人になってから発症した場合、生活習慣の中にアトピーを発症する要素があったかもしれないと考えられています。

いずれにしても、アトピーを治したいと思うのであれば、体質改善は欠かせない要素と言えるでしょう。

たとえば、アトピー患者の方が病院やクリニックを受診すれば、外用薬が処方されることでしょう。

これらの薬によって、炎症やかゆみを抑えたり皮膚を殺菌したりすることができます。

辛い症状も一時的に改善されることでしょう。しかし、根本的に改善されているわけではありません。

そこで、是非とも心がけたいのが体質改善でしょう。

もちろん、体質を改善するのは決して簡単なことではありません。

長い道のりになりますが、確実に症状を改善するためにはどうしても欠かせないものなのです。

体質改善の第一歩とも言えることは、アトピーの症状を引き起こす原因となる一切のものを身のまわりから取り除くことでしょう。

そのことには、口から摂り入れる食べ物に気を付けること、体に触れる化学物質などを避けること、ハウスダストやダニといった刺激物を除去することなどが含まれます。

このように刺激物を減らすことによって、肌サイクルが正常に働くよう助けることができます。

加えて、免疫力をアップさせることによって、耐性を付けることもできるでしょう。

このように体質改善を図ることによって、アトピーの完治に向けて励みたいものです。

アトピーとオリーブオイルの活用

アトピーとはアレルギー体質や肌のバリア機能が弱い人がなりやすい皮膚の炎症を伴う過敏症です。患部は水分や皮脂が不足しているため、オリーブオイルを塗ると効果的となります。

アトピーとは、アレルギー体質や肌のバリア機能が弱い人がなりやすい皮膚の炎症を伴う過敏症の一種になります。

症状は主に「かゆみ」と「湿疹」で、治ったり再発したりし、なかなか治らずに慢性化してしまうこともあるという特徴を持ちます。

原因はさまざまで、ダニやホコリのハウスダストが原因であったり、食べ物に反応してしまったりなどが要因となってしまいます。

治療するには、かゆみを抑えるためのステロイド剤などを使用しますが、依存性が高いなど問題のある薬です。

ステロイド剤に頼りたくないという場合には、アトピーに効果のある物はさまざまなものがあります。

ハーブティーやココナッツオイルなどがあげられます。

中でも簡単に手に入りやすいのがオリーブオイルです。

オリーブオイルは肌の潤いを保湿効果とともに、炎症を抑える効果を期待することができるのです。

アトピーの患部の皮膚は水分や皮脂が不足している状態です。

そこにオリーブオイルを塗ることによって、保湿作用とともに失われた油分を補給することができるのです。

また、抗酸化作用があるため紫外線による日焼け止め効果などの効果も期待できます。

ただし、肌に合う合わないがあるため注意が必要です。

料理に使うのも酸化しにくいためアトピーには良いとされていますが、トランス脂肪酸という油も発生してしまうため、揚げ物や天ぷらなどには使わずに、油として使う時はなるべく少なめに使うことが大切となります。